2019.01.02

静止画DL違法化の件、パブコメ出しました

文化庁・著作権分科会・法制・基本問題小委員会中間まとめ、静止画DLが目玉となっているアレですがとりあえずパブコメ出しておきました。まあ何かの参考になればということで。

(2)ダウンロード違法化の対象範囲の見直しについて

①意見提出対象の区分:B:ダウンロード違法化の対象範囲の見直し
②賛成/反対:反対
③御意見(2000字以内)

静止画・小説等ダウンロードの違法化/処罰化に強く反対します。

【理由】

1)法案作成の大きな理由の1つであろう「漫画村」等の海賊版サイトはダウンロード(以下、DLと略す)を必要としない「閲覧型サービス」であり、DLを違法化したところでその範囲外となり、まったく意味のないものであることは既に多くの指摘がなされております。

2)違法アップロード(以下、ULと略す)の証拠保全のため、物証として該当コンテンツをDLすることは現在当然のこととして行われていると思われますが、この行為自体が違法化されることになります。

3)SNS等で「画像レス」のような形で正規のものでない画像等がやりとりされることはごく日常的なこととして行われています。ULは現時点でも既に(法的に厳密な意味では)違法である可能性がありますが、あまりに軽微なため見逃されているというのが現実ではないかと思われます。DLにも網をかけるというのであれば違法とするボーダーをきちんと示せるのでしょうか。
映像/音楽のDL違法化に際してはその多くがデッドコピーであったという側面はあるかと思われますが、静止画に関しては上記の事情によりそう簡単にはいかないと考えます。

4)上記3)に関連して、先般テレビ東京の番組でドラクロワの作品紹介にコラージュ画像が使用されたという騒動がありました。また、雑誌等で「ネットで見かけた面白画像」のような記事もよく見かけます。
このように現場レベルでは「出所の分からない画像を使ってしまうこと」が少なからず行われている現状があります。DL違法化はこれを推し進めたいであろうメディア企業/出版社にとっても不利益となる可能性がありますが、それをきちんと考慮されたのでしょうか。

以上、対応すべき事案には実効性がなく誰も利益を得ることもない立法化は一部関係者のマスターベーションにしか過ぎず、本来であれば出版のデジタル化に対して業界がどのように適応していくかを考えなければならない段階であるにもかかわらず、このような法制化で批判の矛先を躱そうという姑息な態度は唾棄すべきものであります。

映像/音楽の違法DLを滅ぼした(少なくとも隅に追いやった)のは違法化ではなく、iTunesやNetFlix、海外ではCrunchyroll等の「使える」配信サービスでした。出版界に必要なのは意味のない法律ではなく、時代に対応した変化ではないのでしょうか。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

2017.06.14

「『漫画を真似』と県警が作者に異例の申し入れ」やぴ先生、公安委員会に異例の申し入れ

http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/06/14/02.html この件ですね。
とりあえずこんな感じで。事実関係ははっきりしてもらいたいところです。

強制わいせつ容疑で逮捕された男性による「漫画を真似した」との供述を受けて埼玉県警が作者に申し入れを行った件、創作に関わるものとして大変危惧しております。
事件の捜査に関する事情聴取ということであればまだわかりますが、作品の内容に対する「申し入れ」を行ったということであれば憲法で保障された「表現の自由」に対する明らかな侵害行為であり、作者の個人情報をどのように入手したのか、どのような法的根拠に基づいて誰がどのように決定を下したか、といった経緯の解明と公表を望みます。
また埼玉県警は「同様の申し入れを行っていく」とコメントしていますが、今後も違法行為を続けていくということであれば見直していただきたく思います。
私自身は県外在住ですが、このような動きが他の都道府県にも広がる恐れもあります。善処を望みます。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

2013.04.30

「第2次児童ポルノ排除総合対策」(素案)に対する意見募集 に意見送付

要項はこちらを参照。〆切は5/8なので送る方はお早めに。
以下、送ったものを。



1)「児童ポルノ」の定義について
 児童ポルノ規制法や「児童の売買等に関する児童の権利条約選択議定書」における「児童ポルノ」の定義が極めて曖昧であることから対策の無用な範囲拡大に繋がることに対し、大きな懸念がある。対策の実効性も考えれば、その範囲はいわゆる「児童虐待製造物」にあたるもの、とすべきではないか。昨今児童ポルノ規制法の改定により無用な範囲拡大の危険も取沙汰されているが、制定の本来の目的を見失わず、必要な対応がきちんと取られるべき。
2)青少年のインターネット利用環境整備について
 「メディアリテラシーの向上とフィルタリング普及促進を進める」とあるが、これまでの流れを見るに後者が優先されてきた感は否めない。前者を促進するための教育のあり方も考えていく必要があるのではないか。
3)ブロッキングについて
 ブロッキングはあくまで緊急避難的な対応策であって恒常的となってはならない、ということは「インターネット利用者の通信の秘密や表現の自由に不当な影響を及ぼさない運用」に照らして十分考慮される必要がある。またアドレスリストの正当性がどのように保証されるか不明な点は懸念事項となる。
4)被害地蔵への支援
 ともすれば取締・検挙といった目立つ対策が重視されがちだが、むしろ今後重視すべきなのはこの分野ではないか。人的にも設備的にも全くリソースが足りていない現状を鑑みるに、児童ポルノも含めた児童虐待防止への取組みとして児童相談所等の体制強化を図っていくべきである。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

2012.12.10

萌えオタおっさんの俺が「黒子のバスケ」を読みはじめてみましたよ、という話

ということで。
脅迫事件のあおりを受けてコミケでも自粛要請の出てしまった「黒子のバスケ」(通称:黒バス)ですが、せっかくなのでこの機会に読んでみようとふと思い立ったわけです。ジャンプコミックス買うのはデスノ以来・しかもスポーツものにはとんと縁のなかった俺なのですが…


いやー何かね、すげー面白い。典型的熱血ジャンプヒーローキャラの火神大我と(キャラ的には)デスノ以降の存在感不明な頭脳系不思議キャラの黒子テツヤのコンビを中心に、チームプレイとしてのバスケの面白さを上手く描いてるなーというのが読んでみての印象。これは人気出るのも分かるわーと素直に納得しました。

てなわけで今のところ読んだのは4巻まで。
Img_0779
4巻ラストの引きがすげー気になってるので続きは明日買ってきますw

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

2012.06.12

大谷昭宏氏がまたオタク叩きをやっていた件について

6/11のスーパーJチャンネルにて、心斎橋の通り魔事件に関してまたオタクと無理矢理関連付けたコメントをしてた模様。詳しくはこちらのTogetterまとめを参照。
ということでとりあえず下記の通りBPOに投げてみた。



上記番組(※スーパーJチャンネルのこと)での心斎橋通り魔事件のニュースにて、大谷昭宏氏が「(事件の起きた)ヨーロッパ村はオタクの町として知られる日本橋とも近いので、オタク文化との関連がないか精査する必要がある」とコメントした件について。大谷氏のコメントは全く事実とかけ離れたものであり、「オタク叩き」をしたいがため大変の偏見に満ちたものです。かの人物は以前他局の番組でも同様の「オタク叩き」発言をしており、このような人物を使い続ける放送局側の倫理も問われて然るべきと考えますが如何でしょうか。厳正な対応を求めます。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

2012.04.15

4/14 浅野都議報告会に行ってきました

4/14の浅野都議報告会に行ってきましたので、レポというかメモというかひとまず残しておこうかと思います。
Togetter:#hijituzai #非実在 #hijitsuzai 浅野克彦都議平成廿四年四月十四日の報告会も参考にしつつお読み頂ければ幸い、ということで。

ついったでは「参加者少なそう…」とおっしゃってた浅野都議ですが会場は大盛況(?)で相変わらずの関心の高さ、といったところでしょうか。

メモはほぼ取らずじまいだったので、内容の方は思い出しつつだらだらと。

  • 現状:実際はこんな感じで、というお話
    4/9に行われた審議会をベースに、まずは「こういう手順を経て指定図書が選ばれています」という話。大まかには

     都が指定図書に該当しそうな書籍・雑誌を購入→その中から審議会へ諮るものを選定→審議会にて指定

    という流れだそう。審議会そのものは議事録も公開されている(4/9分はまだ)のでそちらも参考に。
    上記Togetterでも触れられていますが、現在は条例改定前の基準(旧基準)と改定後の基準(新基準)のうち旧基準のみが適用されている状況です。浅野都議曰く「一度つぶされている改定なので現状適用はできない」ということのよう。
    ただ、出版への聴き取り結果をみるとどう見ても新基準での判断になってしまっているものが見受けられ、これについては浅野都議も「肝心の出版社があまりに不勉強ではないか」とご立腹でした。
  • 過去(?):改定までの経緯
    2010年3月継続審議→6月廃案→12月修正案可決、となった経緯と、中野での集会でなぜ浅野都議が「賛成します」と発言したかについて。オフレコも多いのでどこまで書いていいのか…というのもありますが、議会内外の情勢も検討のうえ「ベストではないがベターな落としどころ」で決着することにした、ということではあったようです。
  • 今後について
    現状のところでも出たように当面は旧基準のみに基づいた指定が続くと思われるが、旧基準と新基準が曖昧にされていく危険が十分にあるため特に注視していくべき、との話。

かなり端折った部分もありますがひとまずこんな感じで。約3時間半とかなり長丁場ではありましたが、いろいろ得られることも多い報告会でした。

(追記)
@hiroujinさんによるTogetter「浅野克彦都議(練馬区)主催の『東京都青少年健全育成条例報告会』実況と感想まとめ」がうpされてましたのでリンク。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

2011.10.25

意見募集:「東京都男女平等参画行動計画」の改定について(東京都)

ちょっとメモ代わりに。詳しくは 東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト 東京都、「青少年の健全育成」の次は「男女平等」を理由にした漫画・アニメ・ゲーム規制? を参照。11/1までです。
とりあえず時間見つけて書こう…。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

2011.08.09

「京都府児童ポルノの規制に関する条例(仮称)(案)」に対する意見

このところ主に精神的に余裕がなくてダメだなぁ…と思いつつ、とりあえず予定してたものだけは出しとかないとということでパブコメ送っときました。

国会の方も気にはなってるけど気持ち的に手が回らんのじゃ…('A`) ムネンアトヲタノム



「3 条例の適用に当たり留意すべき事項」について
詳しくは後述するが、府民はおろか全国民の権利を不当に侵害するものであって反対である。

「4 条例に盛り込むべき内容」について
 「2 被害児童に対する支援」について
  きわめて具体性を欠くものであり、担当部署や方策について検討の上条例として盛り込むべき。
 「3 児童ポルノの被害から児童を守るための規制」
  単純所持・廃棄命令については京都府民のみならず「京都府に1歩でも足を踏み入れれば対象」との府の見解も出ており、問題は京都府のみに留まらない。一都道府県の条例の範囲を大きく逸脱したものであり、府外在住者としても断じて認めることはできない。反対である。
  また、努力義務について「児童ポルノ以外の物」としているが、その後のQAで漫画・アニメへの言及があるということは「漫画・アニメもいずれは規制の対象にしたい」という意図の現れであり、規制の本来の意味を逸脱して「風紀の粛正」を目指すものであるため反対である。

(総評)
「条例制定の理念・目的」にある「児童ポルノ事犯が増加傾向」は犯罪統計等から見て必ずしも事実とはいえず、闇雲な規制に実効性があるかどうか非常に疑わしいという意見もある。被害児童への保護・支援を主体とした条例に変えていくこともまた必要なのでないかと考えるがどうか。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

2011.06.21

児ポ法改定案がよりによってこういうタイミングで出されるらしい件

そんなことやってる場合じゃねーだろとか思いつつ、とりあえず民主党にはメールしといた。



■件名: 児童ポルノ法改定問題について
■ご意見・ご感想:
児童ポルノ法改定案が今国会に提出される見通しと聞いて、大変危惧しております。今日(6/21)には院内集会も開催され、伝え聞く限りでは前回立ち消えとなった内容そのままのようにも思われます。
参院の松野議員をはじめとして慎重な議論を求める請願も出されていますが、自分としても「まず震災復興関連をきちんとやるべき時に何をやっているのか」という思いがありますし、改定を進めたい方々はどうも「児童の生命・安全を守る」といった目的から大きく逸脱しているように思われて仕方ありません。
もし改定を行うのであれば、震災関連が落ち着いたタイミングで改めて広く意見を集めたうえで十分に議論を尽くすべきではないかと考えております。少なくとも「火事場泥棒」的に決めるべきではありません。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

2011.05.28

「ウイルス作成罪」に関するアレ

とりあえず以下のような感じで民主と官邸には送ってみた。何かの参考になればということで。

民主党意見ページ http://www.dpj.or.jp/header/form/
官邸意見ページ http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html



「ウイルス作成罪」の審議について

先日より法務委員会にて審議がスタートしているとのことで動向を追っておりますが、特に27日の審議についてはあまりの内容に唖然とせざるを得ませんでした。
以下、手短に箇条書きとします。是非とも見解を伺いたく思います。

1.江田法務相の「バグもウイルス作成罪の対象となりうる」発言
これについては高木浩光氏(http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20110527.html)をはじめ多くのソフトウェア開発関係者が異議を唱えています。特にフリーウェアやオープンソースといった非商用ソフトウェアの分野においては「バグがあること」を前提として提供されているものも多く、また商用ソフトウェアにおいても動作環境等の問題により旧バージョンの公開を続けなければならないケースが少なくありません。そもそも「バグのないプログラムを提供する」など夢物語にしか過ぎませんし、「永遠にサポートし続ける」ことも不可能です。これではウイルス・マルウェアの撲滅どころか国内のソフトウェア産業・文化を撲滅することにしかなりません。「海外からのウイルス流入は増加する一方なのに国内では誰も手を打てない」という状況が生まれた場合、誰がどのように責任を取るのか。

2.江田法務相の「素人なのでよくわからない」発言
審議内容は事前に分かっていたはずなのに「よく分らない」という答弁が出てくることがよく分かりません。事前に専門家等を集めて勉強会を行うといったことはやらないのですか。

3.共謀罪復活の動きについて
今回の法案では見送られたはずの「共謀罪」についての議論が復活し、しかも多くの時間をさいているというのはどういうことか。また、作成されたソフトウェアをマルウェアと認定するにあたっての基準が実質的には「共謀罪」の要素を含んでいることについてはどのように考えているか。

私以外にも多くの方がこの問題に興味を持ち、私と同様に意見や疑問を伝えようとしていると思います。「空気」に流されない真摯な対応を是非ともお願い致します。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

«タウンミーティングに行ってきました