« mayo 2007 | Inicio | julio 2007 »

2007.06.06

アップル、文化庁を激しく非難--「私的録音録画補償金制度は即時撤廃すべき」

ということでCNETの記事。首相官邸においてある該当文書はこれですね。

平成19 年3 月27 日、文化審議会著作権分科会私的録音録画小委員会にても多くの小委員会委員が補償金制度の必要性の根幹の議論提示をしたにも関わらず、作為的に「私的録音録画問題に関する検討の進め方(案)」から削除するなど鼻から「結論ありき」の審議会運営をする著作権事務局には真摯な姿勢は微塵も感じられず、もはや公平公正な著作権行政を運営する適切な省庁とは言い難く、速やかに著作権行政を他の省庁に移管することを強く望む。
ってことで、コンテンツ産業云々に関しては経産省あたりの方が物分かりが良さそうに個人的には感じます。

Publicado por やぴ a las 01:34 AM en 悪徳商法JASRAC | Comentarios (0) | TrackBack (0)

« mayo 2007 | Inicio | julio 2007 »